イベントレポート

「Feel the Communication in Ginza -
心までつたえる、先進コミュニケーション技術」

おしりたんていの先進謎解きラリー

開催日:2017年8月9日(水)~ 9月3日(日)

おしりたんていの先進謎解きラリー

子どもたちの間で大人気の「おしりたんてい」が、絵本の世界を飛び出し、METoA Ginzaに登場。ナビゲーションに沿って各フロアを周り、館内に仕掛けられた「謎」を解き明かしていくという、夏休みにぴったりのイベントを行いました。ここでは、METoA Ginzaを舞台に活躍するちびっこ探偵たちの様子をレポートします。

館内に隠されている5つの暗号を探し出す

推理はキレキレ、見た目はおしり。どんな事件もププッと解決してしまう「おしりたんてい」をご存知ですか? キャラクターの魅力に加え、迷路や暗号、間違い探しなどの謎解き要素がたっぷり詰まった「おしりたんてい」は、子どもたちに大人気の絵本・児童書シリーズ。そんな謎解きのステージをMEToA Ginzaに展開し、さまざまなコミュニケーション技術を駆使しながら、隠された暗号を解読していただこうというのが、今回のイベントです。夏休み中ということもあり、連日、親子連れのお客様でにぎわう催しとなりました。

「おしりたんていの先進謎解きラリー」は、どなたでも無料でご参加いただけるイベントです。まずは、METoA Ginzaの各フロアに置かれている「もんだい用紙」を入手し、館内に隠れているひらがな一文字の暗号を探します。暗号が記されているのは、「おしりたんてい」に登場するキャラクターたちが描かれた計5枚のカード。1~3Fまでのすべてのフロアを回り、もんだい用紙の各キャラクター欄に該当する暗号を一文字ずつ書き入れていきます。そして、それらを組み合わせると……?

ちなみに、スタート地点の1Fに隠れていたのは、2枠目に入る文字。この時点ですでに“真相”に気づいた、「おしりたんてい」顔負けの優秀なちびっこ探偵も現れました。

先進のコミュニケーションツールを使って暗号解読!

「Feel the Communication in Ginza」が目指すのは、人の心をつなぐあたたかなコミュニケーション。暗号には、そんな気持ちを伝え合うにふさわしい、感謝の気持ちを表す5文字を選びました。5つの暗号をすべて手に入れたちびっこ探偵たちは、口々にその5文字を連呼。会場は、たちまち素敵なキーワードであふれ返りました。

でも、ゴールはまだ先です。ここから、さらに暗号を解読しなくてはなりません。その鍵となるのが、3Fの「あんごうかいどくコーナー」に設置された三菱電機の先進コミュニケーション技術「しゃべり描きUI」。これは、話した言葉を指でなぞった軌跡に表示、外国語にも翻訳できる次世代のコミュニケーションツールです。本格的な「あんごうかいどくマシン」に興味津々のちびっこ探偵たちは、早速「しゃべり描きUI」に向かい、話しかけます。その後、画面を指でなぞると、日本語の暗号とともに、別の国の言葉に翻訳された文字が出現。このアルファベットの文字をもんだい用紙に書き入れることで謎解きは完了、というわけです。

みごと“事件”を解決したちびっこ探偵たちには、「おしりたんてい」の限定オリジナルクリアファイルを進呈させていただきました。

また、3Fでは「おしりたんてい」シリーズの絵本や児童書を自由に読めるほか、「おしりたんてい」のWebアニメも上映。暗号を解読したあとも、「おしりたんてい」ワールドをたっぷり楽しめる趣向となっています。さらに、1Fのセルフプリント機「ピクチャーパレット」では、期間限定で「おしりたんていテンプレート」も登場。大好きな「おしりたんてい」に彩られたオリジナル写真シートは、子どもたちにも大好評のようでした。

親子の対話を広げ、深める展示やアートも多彩

暗号解読の「しゃべり描きUI」だけでなく、探索中にさまざまなコミュニケーション技術とふれ合えるのも、本イベントの特長です。たとえば、空中映像を通して対話ができる「空中ディスプレイ」では、親子やお子さん同士で未来のコミュニケーション体験を楽しんだり、「SAFE CAR CONNECTION」では自動運転の技術をアートで体感できたりと、館内の至るところに楽しい仕掛けがいっぱい。展示を通じて親子の会話も盛り上がる、コミュニケーション空間を展開しています。本イベントをきっかけに、感謝の気持ちや素直な思いを言葉で伝える楽しさ、あたたかさを再発見していただけたら、幸いです。

METoA Ginzaでは、これからもメイン展示と親和性の高いユニークなイベントを企画してまいります。ぜひ、みなさまの新しい出会いや発見の場としてお楽しみいただけたらと思います。