Event Report

「Flowers for Ginza — 映像と花との美しい出会い。」
SNS投稿で「オリジナルフラワーアレンジメント」プレゼント

開催日:2016/6/10(金)・6/17(金)・6/24(金)

「METoA Ginza」を訪れて館内の写真をSNSに投稿された方々に、オリジナルフラワーアレンジメントをプレゼント! そんなスペシャルイベントが、6月10日より毎週金曜日の3日間にわたり開催されました。
著名なフラワーアーティストたちの作品に出会えるとあって、道行く人やファンの注目を集めた当日の「METoA Ginza」。その様子を、3日間の会場の風景とともにお届けします。

イベントが行われたのは、6月10・17・24日の3回。
毎回異なるフラワーアーティストの作品が登場し、第1回はTHE LITTLE SHOP OF FLOWERSさん、第2回は花屋 西別府商店+はいいろオオカミさん、そして第3回はニコライ・バーグマンさんのフラワーアレンジメントが、それぞれ先着100名様に進呈されました。どれもこのイベントのためだけに創作された素敵な作品ばかりです。

6月10日16:00。いよいよ第1回イベント(「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」)の開始です。
スタート前からお待ちになっていたお客さまたちは、さっそく館内を撮影され、受付でエントリー。といっても、撮った写真に「#metoa」のハッシュタグを付けたSNS投稿画面を見せるだけ。投稿先は、Instagram、Twitter、Facebookのお好きなところへ。その後は、記念のフラワーアレンジメントをお受け取りいただき、ミッション完了です。

生花を使ったフラワーアレンジメントは、ひとつひとつ種類や色合い、表情が異なるため、じっくり選ぶのもまた楽しいひととき。どのお客さまも時間をかけてお気に入りの作品をチョイスされていました。

そんな様子をご覧になった他のお客さまも次々にイベントに参加され、館内はちょっとしたフォトセッション会場に。スマホを手にしたたくさんの方々が、ベストポジションを探して「METoA Ginza」を回られていました。なかでも一番人気はやはり、1Fエントランスに展示されたニコライ・バーグマンさんの作品「花の滝」。進呈されたフラワーアレンジメントを、その場で撮ってSNSで報告される方もいらっしゃいました。

そうしてみなさまが広めてくださったおかげで、第2回、第3回と回を重ねるごとに注目を集めていった本イベント。最終日には、会場に行列ができるほどの盛況となりました。

フラワーイベントということで、来場されたお客さまの多くは女性。お友だちやグループでいらっしゃる方や、お勤め帰りに立ち寄られる方、カップルや家族連れ、なかにはおひとりで見える男性などもおられ、本当に幅広い層の方々に楽しんでいただけたようです。どなたもフラワーアレンジメントを受け取った瞬間、お花のように笑顔を咲かせてくださったのが印象的でした。

6月24日19:00。ご用意したお花をすべてお配りし、イベントは無事終了。
3日間で300個のフラワーアレンジメントがみなさまのお手元に届けられ、それ以上の枚数の写真がSNSに投稿されました。InstagramやTwitter、Facebookなどで目にされた方も多いのではないでしょうか。

今回はたくさんの方々にご参加いただき、「METoA Ginza」のオープンイベント「Flowers for Ginza — 映像と花との美しい出会い。」を飾るにふさわしい催しとなりました。ご来場のみなさま、本当にありがとうございました。

「METoA Ginza」では、今後もみなさまに笑顔になっていただけるイベントを企画してまいります。