1F·METoA1 Information/Cafe/Shop

「METoA Ginza」プレオープニングイベント

開催⽇:2016/3/28(⽉)
ゲスト:⼾⽥恵⼦、若林正恭(オードリー)、春⽇俊彰(オードリー)

東京・銀座の新しい顔となった「METoA Ginza」。

そのオープンに先駆けて、3月28日にプレオープニングイベントが開催されました。
ゲストに当社のCMキャラクターを務める女優の戸田恵子さん、オードリーの若林正恭さん、
春日俊彰さんを迎え、華やかでにぎやかな催しとなったオープン前の一幕。
ここでは、その様子をご紹介します。

プレオープニングイベントの会場は、企画展示スペースとなる2F METoA2。64面液晶マルチディスプレイ「METoA VISION」を背景に、三菱電機常務執行役(当時)の井口功が代表してご挨拶をさせていただきました。
「三菱電機は、2020年度(2021年2月)に創立100周年を迎えます。その機を捉え、グループの技術・サービスに触れていただける場として、METoA Ginzaを開設いたしました。三菱電機が銀座に展示施設を構えるのは、実に29年ぶりのこと。といっても、METoA Ginzaは従来型のショールームとは異なります。“見て“ ”触れて“ ”体験して”をキーワードにさまざまな技術とアートのコラボレーションを展開し、みなさまに新しい発見と驚きをご提供してまいります」

続いて、METoA Ginzaの支配人を務める今川孝二が、施設やサービスの概要をご説明するとともに、来場者様へのメッセージをお届けしました。
「METoAは、”Mitsubishi Electric: Touch of Advancement”の頭文字をとったもので、“三菱電機で未来に触れる”という意味を込めています。METoA Ginzaは、三菱電機のテクノロジーをアートや伝統、文化と結びつけることにより、新しい価値の創造に挑戦してまいります。ぜひご期待ください」

オープニングセレモニーでは、女優の戸田恵子さん、オードリーの若林さん、春日さんにご登壇いただきました。鮮やかなピンクのドレスに身を包んだ戸田さんは、「METoA Ginzaはハイテクなだけでなく、ハイセンス。素敵な場所ができてうれしいです」と、笑顔でコメント。また若林さんは会場に上がるまでのエレベーターに驚かれたそうで、「乗るとなぜかピンポン玉の音がするんですよ、それも包み込むような超高音質で。いろいろな音が楽しめるらしいので、また乗ってみたい!」と興奮気味にレポートしてくださいました。そんななか、春日さんは、「METoA Ginzaが国際的なスポットとなるように、願いを込めてセレモニーに臨みます。がんばりマッスル!」と気合い十分。

3人の前には、プレオープンの開幕を告げる点灯ボックスが。いよいよ点灯式のスタートです。戸田さん、若林さん、春日さんの順に手を重ね、「3・2・1・METoA Ginza オープン!」のかけ声とともに、点灯ボタンをプッシュ! ──その瞬間、高さ2.7メートル、横19.4メートルの巨大なMEToA VISIONに映し出されたオープニングムービーに、会場は一気に盛り上がりました。

「さすが高精細の4K映像。大画面にパーッと広がる美しさに気分が高揚しました」という戸田さんに対し、「僕らの漫才もぜひここで映してほしいですね」とオードリーのおふたり。最後にMEToA Ginzaのステートメントが発表され、点灯式は無事終了しました。

技術やアート、文化、伝統、そして人。METoA Ginzaは、さまざまなものが出会い、結びつき、新しい価値がうまれる場所。そんな出会いのひとつが、アテンダントのユニフォームです。なだらかなラインに気品を感じさせるデザインは、ヨウジヤマモト社のブランド「Y's」によるもの。日本を代表する生地メーカーである「小野莫大小(オノメリヤス)」の素材を用い、スタイリスト・近藤昌がディレクションを手がけました。

ステージには、そのユニフォームをまとったアテンダントが登場。「丈感があっておしゃれなデザイン。とても活動的なのに、制服っぽくないのがいいですね」(戸田さん)、「大胆なデザインだけど、品もある」(若林さん)とゲストのみなさんにも好評でした。

続いてステージに現れたのは、「銀箔」と「突板(つきいた)」をあしらった三菱IHジャー炊飯器。三菱家電と職人の技が結びついて生まれた、スペシャルプロダクトです。METoA Ginzaでは、最新テクノロジーと日本の伝統工芸を掛け合わせることで、“長く愛される家電”のあり方を提案しています。

「木目調の家電は家具との相性もよさそう。銀箔は宇宙の炊飯器みたいな楽しさがありますね」と戸田さん。どちらが欲しいかを問われた春日さんは、「温かみがあって落ち着く木もいいし、近未来的でハイテク感のあるシルバーも捨てがたい。うーん」と本気で悩まれている様子でした。残念ながら販売はしていませんが、METoA Ginzaではほかにも冷蔵庫やクリーナー、エアコンなどのスペシャルプロダクトを3F METoA3にて展示中です。

壇上では、ゲストのみなさんが1Fの「Me‘s CAFE & KITCHEN」で召し上がったお料理の話やコラボ家電のアイディアなど、尽きることなく話題が続いていきます。が、そろそろオープニングセレモニーもお開きの時間。最後にみなさんから、一言ずつメッセージを頂戴しました。

戸田さん「METoA Ginzaはいろんな試みや仕掛けが楽しめる場所。なかでもMEToA VISIONの大画面で見るお花のコラボレーション映像は本当に美しくて、オープンしたらまた観に来たいと思っています」
春日さん「日本の名所が新たに誕生しました。まだ赤ん坊ですが、春日のようにビッグになるようみなさまにも応援していただきたい。春日からのお願いです」
若林さん「(春日さんにつっこみつつ)このMEToA Ginzaが、三菱電機の技術とみなさまのよき出会いの場になるように願っております」

ゲストのみなさん、ありがとうございました。